Touken Komachi





脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
無銘 (直江志津)
Mumei, attributed to Naoe Shizu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 51.6cm(1尺7寸0分2厘)、反り1.4cm(4分6厘)、元幅 2.95cm、元重ね 0.61cm、先幅 2.07cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 3個、刀身重量 484g 、白鞘全長 74cm、拵全長 71.5cm
【時代】室町時代前期
【国】美濃

【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、先反りつき、中切先延びる姿。

 茎は、磨上、先切り、鑢目切り、目釘孔三。

 彫物は、表裏に棒樋と添樋を掻き流す。

 地鉄は、板目肌よく練れ、杢目交じり、地沸厚くつき、地景入る。

 刃文は、湾れに互の目を交え、足入り、沸よくつき、ところどころ大粒の沸を交え、金筋・砂流しかかる。

 帽子は、乱れ込み、先小丸、返りは深い。

  黒石目塗鞘脇差拵 : 波龍図鐔(素銅地金色絵)、鼠図目貫(銅地容彫)、五瓜に木瓜紋縁(赤銅魚々子地高彫金色絵)

見どころ
志津三郎兼氏の門人の兼友や兼次らをはじめ、志津の地から直江の地に移住した門人達を、直江志津と総称します。本作は、地景の入る冴えた地鉄に、よく沸づく働きが見事な互の目交じりの湾れ刃文を焼いて覇気があり、直江志津の極めが妥当と思われます。

状態研磨済み、良好です。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(千葉県19753号 昭和41年2月17日交付)、特別貴重認定書 : 直江志津(日本美術刀剣鑑定書 昭和41.5.29発行)、特別保存刀剣鑑定書 : 兼延 (日本美術刀剣保存協会 令和2.2.19発行) 倉敷刀剣美術館鑑定書 : 池田鬼神丸国重(平成30.1.10発行)



【商品番号】A190920【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
古物商許可 (美術品商) 株式会社ヴィーニュコーポレーション  東京都公安委員会 第306671805385号 「5FCD」

Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.